住友財閥(1)

住友財閥

日本の三大財閥の1つ住友財閥。その歴史は400年以上前にさかのぼり、世界最古の財閥と言われています。世界財閥家系のなかでも、最も古い歴史を持つ住友家だが、住友家の先祖は平家一門といわれ、桓武天皇の曾孫・高望王の二十二代目に備中守忠重が現れ、「住友姓」を称し、室町将軍に仕えたとされています。いわば、この武家である住友忠重が「始祖」ということになるのですが、住友家には、家祖と業祖と2つの創業者が存在します。家祖といわれるのは、忠重から数えて八世にあたる住友政友(現在の福井県坂井市丸岡町出身)で、この人が武士から僧侶となり、そののち還俗して京都で書籍と薬を商う「富士屋」を開き、商家・住友家を興しました。業祖といわれるのは、政友の姉婿にあたる蘇我理右衛門で、この人は南蛮吹きといわれる銅精練の技術を開発し、天正十八年(1590年)京都に銅吹所を設けました。のちにこの銅吹所が住友家の家業となったので理右衛門を業祖と崇めました。政友には一男一女があり、一男・政以は父の商売「富士屋」を継ぎ、一女は政友の姉婿にあたる理右衛門の長男・理兵衛友以を養子に迎え、ここで「家祖」と「業祖」が結合しました。しかも理右衛門の妻は政友の姉であるという密接な関係でしたが、この代でさらに両家の血が結合したことから、住友二代目は友以が継ぎました。以後、住友家は代々「泉屋」の商号で銅銀商を営むことになります。現在の三井住友銀行事務センター(大阪市中央区島之内1丁目)が「住友銅吹き所跡」です。

内装リフォームも!

江戸時代の住友財閥

住友二代目友以は先見の明があり、商売を大きくするには京都では狭すぎると寛永元年に、商業の中心になりつつあった大坂へ出張所を出し、寛永7年には本式に大坂淡路町一丁目に移った。ちょうど徳川時代に入るころで、銅は当時一大輸出品であり、住友の銅精錬業は大いに栄えました。これが住友財閥の起源です。そして銅貿易に関与するようになり、その関係から糸、反物、砂糖、薬種等の輸入品を大坂・京都方面で売り捌くなど商業にも手をのばしました。そして得た利益で両替商を開業するようになったのです。住友二代目のあとを継いだ友以の五男・友信は住友吉左衛門と名乗り、秋田の阿仁銅山、備中の吉岡銅山などの経営に乗り出し、幕府御用の銅山師となって日本一の銅鉱業者へと発展させました。一方で友以の末子の友貞は前述の両替商を大坂と江戸で開始しています。これが寛文2年(1662年)のころで、住友家は江戸時代前期において鉱業と金融業を握るコンツェルンを確立し、慶応初期には住友は、日本の四大資産家の1つにあげられていました。ちなみに三井家が江戸に進出し「越後屋呉服店」を開いたのは延宝元年(1673年)で住友家より10年遅れてのことです。

「中興の祖」

幕府御用達となった友信以来、住友家当主は代々吉左衛門を名乗ることになりますが、なんといっても住友財閥の大躍進の基となったのは、二代目吉左衛門友芳が元禄4年(1691年)に開発した愛媛県の別子銅山によってです。この別子銅山は昭和48年(1973年)に閉山されるまで、282年間にわたり銅を産出し続け、総産出量は銅地金として75万トンにおよび、住友のドル箱となりました。その功績を称えた住友家では、この友芳を「中興の祖」としています。

明治時代の住友財閥

友以・友信・友芳の三代を通じて江戸期の住友家は興隆期を迎えますが、やがて明治維新を迎えるとき、一大危機に遭遇します。幕府のすべての決定と特権を廃止した新政府の法令によって、土地所有権と有用鉱物の採掘権は切り離されました。慶応4年1月の薩摩藩による大坂鰻谷の銅蔵閉鎖、同年2月の土佐藩による別子銅山の差し押さえの異常事態となり、住友は鉱山および銅蔵にたいする統制力を失いました。銅山は幕府の財産であったために、銅蔵の莫大な銅備蓄は差し押さえられました。その対応を一歩誤れば、住友の経営は行き詰まることが必死でした。住友家の番頭広瀬宰平がその難局を乗り切り、住友の大阪本店における経営の実権は老分鷹原源兵衛、支配人今沢卯兵衛から広瀬の手に移り、広瀬は翌年の明治2年1月、「諸事更新」の方針を打ち出しました。

多角化経営

広瀬は別子銅山の関連事業を中心として経営の多角化を進めました。神戸における銅売捌出張所(明治4年)大阪富島町での並合業(倉庫業と金融業との兼営)の開始(明治6年~7年の頃)、別子銅山の飯米確保のため大阪島屋新田・恩貴島新田の経営(明治11年)、京都・滋賀での製糸工場の設立(明治13年・20年)大阪製銅の設立(明治14年)、関西貿易社の創設(同年)、大阪商船の設立(明治17年)、神戸での再製茶業の開始(明治21年)、福岡県の庄司炭坑・忠隈炭坑の買収(明治26年・27年)などが相次いで実施されました。こうした多角事的事業経営を支えたのは、いうまでもなく別子銅山の経営でした。

歴代総理事

明治以降の住友の経営は、広瀬をはじめとする大番頭(総理事)にまかされ、以後伊庭貞剛(第2代総理事)、鈴木馬左也(第3代総理事)といった名総理事に恵まれ、銀行、倉庫、保険など多方面に進出しました。その一方で住友家当主は、持ち株会社住友合資、住友本社の代表となり、「君臨すれども統治せず」といった経営分離の方式を貫き、次第に経営の中心からは身を引いて財閥統合のための象徴的存在へと変わっていきました。

  • 1877年(明治10年) - 広瀬宰平が住友家総理人となりました。
  • 1894年(明治27年) - 広瀬宰平が総理人を退任。伊庭貞剛が住友の諸事業を主宰。
  • 1900年(明治33年) - 伊庭貞剛が第2代住友本店総理事に就任。
  • 1904年(明治37年) - 鈴木馬左也が第3代住友本店総理事に就任。
  • 1909年(明治42年) - 住友本店を住友総本店と改称。
  • 1921年(大正10年) - 住友総本店を住友合資会社に改組。
  • 1922年(大正11年) - 中田錦吉が第4代住友合資会社総理事に就任。
  • 1925年(大正14年) - 湯川寛吉が第5代住友合資会社総理事に就任。
  • 1930年(昭和5年) - 小倉正恒が第6代住友合資会社総理事に就任。
  • 1937年(昭和12年) - 住友合資会社を株式会社住友本社に改組。
  • 1941年(昭和16年) - 古田俊之助が第7代住友本社総理事に就任。
  • 1946年(昭和21年) - 古田俊之助が住友本社総理事を退任。

五原則

住友では、日本の敗戦が決定的になると、本社事務所の疎開先である京都衣笠の別邸に本社の課長以上の者を集め、戦後対策の検討をはじめました。そこでの中心議題は、戦後復興、事業転換方策、人材離散を防ぐ方策などでした。9月になって、これらの問題や財閥解体などに対処するために次の五原則を定めました。

  • (1)拡張しきった各方面の事業の収拾をはかるとともに、人材の離散を防ぎ、それぞれにできるかぎり仕事を与える。そのための新事業を企画する。
  • (2)海外引揚者とその家族の援護を十分にする。
  • (3)住友本社と住友各社の債権者にできるかぎり誠実に対処する。
  • (4)住友の全事業をできるだけ滅ぼさずに転換し、将来民族と国家の繁栄につながるようにする。
  • (5)極力累を住友家に及ぼさない。
ホームパーティしましょ!