住友グループ

住友グループ

住友グループは、戦前の住友財閥の流れを汲む企業グループです。早くから東京に拠点を置いた三井・三菱両グループに対して、住友グループは長らくその地元の一つである大阪の地に拘り続け、今も大阪に本社を置く住友グループの企業は多いです。もっとも、現在においては、実質的本社機能は東京本部に移動し、大阪の本部機能は形骸化している場合が多いです。しかし、住友グループにあっては、少なくとも高度成長期までは名実共に大阪にその中心を置いていた企業が多かったことも事実であり、「住友」と言えば即座に大阪を連想することが多く、そのグループのイメージは大阪商人と重なることが多いです。また、実際、近畿圏においては、特に年配者層を中心に、今もってなお三井・三菱両グループよりも住友グループのプレゼンス・社会的ステータスをより一段と高く評価することが多いのもまた事実です。かつてより大阪経済への影響力は小さくなったとはいえども、なお住友グループの大阪での存在感は健在と言えます。

内装リフォームも!

住友グループ発祥

住友グループは、住友政友が京都で開いた「富士屋」が発祥であり、企業グループとしての住友は別子銅山から始まります。住友は三菱グループ以上に「結束の住友」として井桁マークののれんにこだわりました。また、住友グループ主要企業の社長会である「白水会」においては、他の企業よりも数が少なく、それだけ直系を重視しています。三菱や三井に比べて近代化には乗り遅れたものの[要出典]、その後各企業を伸ばしていき、旧住友銀行(現:三井住友銀行)等の利益を日本一に導きました。

住友グループ概要

住友銀行がさくら銀行と合併した際は、住友と三井の合併が進むかに見えました。しかし、住友化学と三井化学のように、住友系企業と三井系企業の合併が白紙撤回になるケースもあります。また、三井住友銀行となって、設立した三井住友フィナンシャルグループには同じ住友の金融系である住友信託銀行は参加しないなど、業界における住友系企業が結束するとは限りません。なお、住友信託銀行は、2011年に中央三井トラスト・ホールディングス(傘下に旧中央三井信託銀行と旧中央三井アセット信託銀行の2行を有した)との株式交換により経営統合した三井住友トラスト・ホールディングスの傘下となった後、2012年4月1日には、持株会社傘下の3信託銀行が合併し、三井住友信託銀行が発足しました(存続行は住友信託銀行)。日本最大の組織設計事務所であり、東京タワー、東京ドーム、京都迎賓館等、日本に置ける主要な建築物の多くの設計業務をてがけている日建設計は、戦後、日本建設産業(住友商事の前身)から独立し、現在に至っている会社です。そのため、住友系企業の自社ビルはほとんどが日建設計によるものである。2008年には、経営危機に瀕した住友石炭鉱業(現・住石マテリアルズ)が、住石ホールディングスを設立し住友グループ広報委員会から脱会していて、同ホームページ上はグループ外企業の扱いとなっています。

住友御三家

住友グループの中核とされる三井住友銀行、住友金属工業(現:新日鐵住金、現在はグループを離脱)、住友化学3社を「住友御三家」、住友商事、住友電気工業、日本電気(NEC)3社を「住友新御三家」と呼びます。

住友グループ万博

現在、住友グループは博覧会などによるパビリオンへ出展していませんが、1985年のつくば万博の住友館では、住友グループにとって初の試みとなる3D大型立体映像アトラクション「大地の詩」の制作協力にも関わっていました。

株式会社三井住友銀行

三井住友銀行は、日本の3大メガバンクのひとつ三井住友フィナンシャルグループの子会社の都市銀行です。本店は東京都千代田区です。

概要

  • 2001年(平成13年)4月1日に、住友グループの住友銀行と、三井グループのさくら銀行が合併して発足しました。経営統合にあたっては、2000年代以降に再編した他のメガバンクで行われている、新規設立した金融持株会社に前身銀行を株式移転・株式交換させて経営統合させた後に銀行を合併するのではなく、株式を上場する都市銀行同士の直接合併であり、あさひ銀行(現:りそなグループ)以降、最後のケースとなっています。
  • 2002年(平成14年)12月2日に旧住友銀行の主要子会社で当行子会社に置かれた日本総研・三井住友カードと、上場していた当行の株式を株式移転させる形で金融持株会社三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)を新たに設立・上場しています。
  • 2004年(平成16年)度、2007年(平成19年)度、2010年(平成22年)度は(旧)全国銀行協会会長行をつとめました(合併前の住友銀行が2000年(平成12年)度につとめています)。現段階では、一般社団法人移行後の全銀協の会長行は、早くとも2013年度につとめることとなる見通しです。

営業拠点

  • 本店営業部:東京・丸の内の三井住友銀行本店ビルディング内に置かれています。以前は有楽町(旧さくら銀行東京営業部。その前は三井銀行本店)に置かれていて、本部機能(持株会社の三井住友フィナンシャルグループも、同様に本部機能が分散されている)は、当時の本店所在地だった東京・日比谷と、同じく当時の東京営業部所在地であった東京・丸の内にある新住友ビル(大手町本部ビル)内に存在しました。
  • 東京営業部:東京・丸の内の三井住友銀行ビルディング内にブランチインブランチとして暫定的に同居しています。同行では前身行(旧住友銀行東京営業部)時代から名称が変わらず存続している唯一の営業部です。新住友ビルに存続していましたが、建て替えのため暫定的に現在地に存在します。同行では、本店を『日比谷』、東京営業部を『大手町』と呼んでいます。
  • 大阪本店営業部:大阪・北浜の住友村にある住友ビルディングに置かれています。旧住友銀行時代から同一所在地に存在する。西日本の本部である。
  • 神戸営業部:神戸・旧居留地の三井住友銀行神戸本部ビルに置かれています。神戸本部。旧神戸銀行本店→旧太陽神戸銀行本店・神戸本部→旧さくら銀行神戸営業部・関西本部の流れによります。特筆的なところとして、神戸本部は前身行のひとつである神戸銀行時代から、何度も合併・再編を繰り返し、営業所名称も変更されつつも同一所在地で本部を有しています。三井銀行の西日本の本部は「大阪営業部」つまり現在の大阪中央支店の地にありましたが、さくら銀行時代には西日本の本部は大阪にではなくここにありました。

以上の4か所に分かれています。本店営業部を、2010年(平成22年)10月18日に、現在の東京営業部・大手町本部向かいに2010年(平成22年)7月1日に竣工した、三井不動産のオフィスビルである三井住友銀行本店ビルディング(旧JFEビルディング跡地)を全フロア借り上げる形で集約しました。これにより、本部機能は、一部の大手町一丁目三井ビルディング(本店北館)に移設される部門と、新住友ビル(大手町本部ビル)内にある東京営業部の窓口をのぞき、大手町・日比谷両地区のセクションは原則すべて新本店ビルへ集約されました。東京営業部窓口についてはこの時点での異動はなされませんでしが、2010年(平成22年)11月12日に大手町本部ビルの建替えが発表され、2011年(平成23年)4月18日付で、東京営業部窓口を本店ビル内へ移設し、本店営業部とのブランチインブランチ形態へ移行することを発表しました。なお、旧大手町本部ビルは「三井住友銀行本店東館(仮称)」として、2015年ごろを目処に竣工予定としています。

ホームパーティしましょ!