別子銅山(1)

別子銅山

別子銅山は、元禄三年 (1690年) 坑夫の長兵衛が伊予の国の嶺南 (愛媛県新居浜市山間部) で銅の露頭を発見したことから始まります。一貫して住友家が経営し(閉山時は住友金属鉱山)、関連事業を興すことで発展を続け、住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となりました。長兵衛は備中国にあった吉岡銅山の支配人田向重右衛門にこのことを知らせます。試掘したところ、有望な鉱床があることが確認され、翌年から採鉱が開始されました。そして昭和四十八年 (1973年) に閉山するまでの二八三年の間に七十万トンの銅を産出し、日本の貿易や近代化に寄与しました。最初の採鉱は海抜千メートル以上の険しい山中で行われましたが、時代と共にその中心は海側へ移り山の様相も変化していきました。坑道は全長七百キロメートル。また最深部は海面下千メートルにも及びます。銅製錬時に排出される亜硫酸ガスにより樹木の多くが枯れてしまいましたが、現在は植林事業の成果もあり緑深い自然の山へと戻っています。

内装リフォームも!

江戸時代の別子銅山

江戸時代から明治初期までは、鑿と槌を使い手作業で採鉱が行われました。明治二十八年 (1895年) にカンテラが導入されるまでは、さざえの殻に鯨油を入れ灯心を挿し火をつけた螺灯と呼ばれる灯が使用されました。別子銅山では、焼鉱 (掘り出した鉱石を焼き硫黄成分を飛ばす工程。亜硫酸ガスが出る)、素吹、真吹 (焼鉱工程を経た鉱石を木炭の熱で鎔解して鉄などの不純物と徐々に分離する工程)までが行われました。これにより銅含有量八十パーセントの粗銅が作られました。粗銅は大阪に送られ南蛮吹きという手法で99%以上の純度に精錬されました。粗銅は仲持と呼ばれる運搬人が険しい山道を尾根向こうまで運びました。仲持は男が四十五キログラム、女が三十キログラムの荷物を背負っていたそうです。

江戸以降の別子銅山

江戸幕府が倒れると、幕府との強い結び付きにより経営されていた別子銅山は維新政府に目をつけられます。大阪本店の銅蔵と長堀銅吹所閉鎖、土佐藩による別子銅山差し押えなどが行われました。時の支配人の廣瀬義右衛門 (のちに廣瀬宰平と改名。住友家初代総理事) は維新政府を説得し、この危機を乗り切りました。以降、別子銅山は近代化の道を歩み飛躍的な発展を遂げます。フランスから雇い入れた鉱山技士の設計による本格的な斜坑が完成した明治二十八年 (1895年) 別子山村の人口は一万二千人を数えました。ダイナマイト、蒸気巻き揚げ機、削岩機なども導入され産銅量も増加していきました。生産量の増加に伴い、製錬所から出る亜硫酸ガスによる煙害が深刻な問題となりました。空気中に放たれた二酸化硫黄は酸性雨をもたらし、山林の樹木稲作ほか農作物に大きな被害を与えました。支配人を引き継いだ伊庭貞剛 (のちの住友家第二代総理事) は明治三十八年 (1905年) 製錬所を新居浜沖約二十キロメートルにある四阪島へ移しました。しかし、被害は東予地方一円に広がり、かえって深刻な事態になってしまいました。

近年の別子銅山
  • 明治三十二年 (1899年)、台風による豪雨で山津波が発生し五百人以上の死者を出す大惨事となりました。煙害により山林の樹木が枯れ水源涵養機能が損なわれたことが被害を大きくした原因です。これにより旧別子地区 (嶺南) にあった施設は大きな被害を受け、採鉱本部以外のほとんどの施設、組織が銅山峰の嶺北へ移転しました。
  • 大正五年 (1916年) に採鉱本部も撤退し江戸時代から続いた南側での採鉱は終焉を向かえました。
  • 大正、昭和になるとより下部で採掘が行われるようになります。下部へ進むほど鉱量と鉱質が悪くなっていきました。戦後は戦時中の乱掘により落ち込んだ生産量を回復するために、四億六千万円をかけて別子銅山復興起業が行われました。
  • 昭和三十年 (1955年) にこれが完了し、ほぼ太平洋戦争勃発前の水準に回復しました。しかし、地中深部に進むに従い地熱が上昇し、作業環境が著しく悪化してしまします。また、地圧も大きくなり少しずつ蓄えられた歪みの応力により岩盤が飛び出し崩落することもありました。
  • 昭和四十五年から閉山が真剣に検討され、昭和四十八年の筏津坑の終掘を持って二八三年間の別子銅山の歴史は幕を閉じました。

別子銅山の特徴

別子銅山は、その種類・時代・地域の多様さ、広さにおいて、貴重な鉱業遺跡群を形成しています。時代別には、開坑から明治、大正、昭和繁栄と閉山までの時代の変遷を示す一連の遺構が残存しています。別子銅山の鉱床は、変成岩(三波川変成帯)中に現れる層状含銅硫化鉄鉱床(キースラガー)です。これは海底火山などの活動にもたらされた熱水鉱床の一種と考えられています。純度の高い黄銅鉱(銅の鉱石)、黄鉄鉱が産出されていました。

別子銅山と新居浜市

別子銅山から発展してきた新居浜市には、鉱石の採掘から、精錬、関連して発生した化学工業、機械工業など、また工場・鉱業所だけでなく、社宅など生活の場も含めて、幅広い産業遺構群が現存し、一部は現在も用いられています。その分布は、赤石山系の山中から、ふもとの端出場、山根地区、さらには海岸部の星越、惣開、新居浜港、さらに新居浜港の沖合いの四阪島(この島のみ新居浜市ではなく、今治市)に至るまで、南北方向に広範囲に分布しています。別子鉱山を記念するシンボル施設として、新居浜市により端出場地区に「マイントピア別子」が整備されています。ただし、その敷地内に所在した採鉱本部などの建屋はそのほとんどが取り壊されました。

旧別子

江戸時代から始まり大正五年に採鉱本部が嶺北の東平 (とうなる) に移るまでの間、銅山の中心となった地区です。赤石山系の南側に位置し県道47号線沿いと銅山越えの南側に産業遺跡や関連施設があります。ここでは東延斜坑など明治の近代化の歴史を辿ることができます。

東平

東平は銅山峰の北側 (海側)に位置しています。大正五年に採鉱本部が旧別子から移転して来るとここが銅山の本拠地となりました。かつては、旧別子地区で採掘された銅鉱石は粗銅にまで製錬され海側に運ばれていました。しかし、明治三十二年の大水害により旧別子にあった高橋製錬所が壊滅的な被害を受けると、徐々に施設や組織が移転されていきました。明治四十四年に第三通洞が開通し輸送経路が充実すると移転が加速しました。

ホームパーティしましょ!