住友林業の分譲住宅地(2)

住友林業の分譲住宅地:ユーカリが丘

住友林業の分譲住宅地、ユーカリが丘は「自然と都市機能が調和した21世紀の新環境都市」を開発コンセプトとし、1997年からは「千年優都・・・ユーカリが丘シティミレニアム」、2008年からは「考える街 ユーカリが丘」、2012年からは「未来の見える街 ユーカリが丘」をテーマとしています。

内装リフォームも!

ユーカリが丘の分譲件数

ユーカリが丘では、毎年の分譲件数を一定に決めていて、コンスタントに若い世代を入居させることで、居住世代を分散化するように配慮されています。このため、日本各地のニュータウンで急速に進んでいる住民の高齢化による過疎化が起きにくくなっています。また、ユーカリが丘地域内での住替えを簡単にするための「ハッピーサークルシステム」が整備されていて、生活スタイルに合った住替えが容易になる配慮がなされています。これも、居住世代を分散化する配慮の一環です。

ユーカリが丘の駅周辺

ユーカリが丘駅を離れると、ユーカリが丘線の各駅周辺は、集合住宅の立体開発、それ以外のエリアは一戸建が主体の平面開発エリアとなっています。これは、商業の利便性と良好な住環境維持の両面を実現するための施策です。また、ユーカリが丘線の環状部の中央部分には、かつての里山や集落が残され、「井野の杜」として親しまれています。ユーカリが丘内に整備されている総合子育て支援センターや保育所、老人保健施設、グループホーム、温浴施設、ホテルなどの施設は、すべて山万グループが整備・運営しています。

ユーカリが丘の受賞

ユーカリが丘は数々の街づくりに関する賞を受賞しています。

  • 国際交通安全学会賞(業績部門)…1984年度(昭和59年4月) 受賞対象:山万ユーカリが丘線業績題目『ニュータウン開発における新交通システム「ユーカリが丘線」の導入』
  • 建設大臣賞(建設大臣表彰)第39回国土建設週間…1987年度(昭和62年7月) 受賞対象:ユーカリが丘ニュータウン
  • 千葉県町並み景観賞…1994年度(平成6年12月) 受賞対象:ユーカリが丘・ピアセーレ
  • 千葉県建築文化賞…1998年度(平成10年6月) 受賞対象:和洋女子大セミナーハウス
  • 第1回住宅金融公庫賞…1999年度(平成11年6月) 受賞対象:ロックガーデンヒルズ・南ユーカリが丘
  • 全国街路事業コンクール会長賞…1999年度(平成11年6月) 受賞対象:ペデストリアンデッキ「京成ユーカリが丘駅北口」
  • 鉄道等運転無事故事業社費表彰…1999年度(平成11年10月) 受賞対象:山万ユーカリが丘線
  • 日本不動産学会業績賞…1999年度(平成11年12月) 受賞対象:ユーカリが丘ニュータウン『ユーカリが丘ニュータウンにおける街の成長管理』
  • 日本都市計画学会賞計画設計賞…1999年度(平成12年5月) 受賞対象:ユーカリが丘ニュータウン
  • 地球温暖化防止活動環境大臣表彰…2007年度(平成19年11月) 受賞対象:ユーカリが丘ニュータウン

ユーカリが丘のロケ地


ユーカリが丘のロケ地をまとめました。

映画

「アインシュタインガール」(監督:及川中、主演:岩佐真悠子、2005年制作) 全編、ユーカリが丘でロケ撮影がなされており、印旛沼に代表される緑と高層ビル群とが調和した、印象的な風景を見る事ができます。また、ユーカリが丘線「こあら号」が、時空を越えるタイムマシンとなって登場します。

ドラマ
  • 短編ドラマ「暑空が好き」:(1994年11月11日) バラエティ番組・『ウンナン世界征服宣言』(日本テレビ)内の、監督志望の内村光良が監督を務める企画のロケ地として登場。主演:水野美紀、共演:入江雅人、出川哲朗など。
  • ケータイ恋愛ドラマ「100シーンの恋」:vol.3 石黒英雄編 No.3「彼女の妊娠」~マイホーム編~ 主人公の勤務先が不動産会社(劇中でも山万)という設定であり、ロックガーデンヒルズ南ユーカリが丘の販売営業所・モデルハウスでロケが行われました。

ユーカリが丘の地区の今後の計画

住友林業の分譲住宅地、ユーカリが丘の地区それぞれの今後の計画についてまとめてみました。

(1)電気コミュニティーバス整備計画
ユーカリが丘線の補助交通機関として、ニュータウン内を網羅する電気コミュニティバスの導入を計画しています。2009年4月と2010年5月に、山万、早稲田大学、昭和飛行機工業株式会社が共同で、日本初の非接触充電型電気バスを用いた社会実証実験を実施していて、現在、車両の開発がすすめられています。開業時は、走行区間内であればどこでも乗り降りできる「オンデマンドバス」形式を採用、高齢者層に配慮した運行形態とする予定です。
(2)ユーカリが丘駅北口再開発計画
ユーカリが丘駅北口の現在駐車場、みずほ銀行ユーカリが丘支店のあるエリアに、大学、市民ホール、商業施設などを一体的に整備し、「街に開かれた文教地区」としています。具体的な整備時期や設置される大学などの情報は公表されていません。
(3)ミライア街区
井野南土地区画整理事業地、ユーカリが丘4丁目(一部)、西ユーカリが丘4丁目、同5丁目の総面積約25haのエリアで、環境配慮型複合開発街区「ミライア街区」の整備が2012年3月から開始されています。ユーカリが丘開発のコンセプトである「自然と都市機能の調和」を継承すると共に、40年以上にわたる街づくりの手法を最大限に活用した「人と環境にやさしい街づくり」を目指しています。街区全体は、整備が進められている2本の都市計画道路(国道296号線バイパス:都市計画道路3・4・18号線、3・4・5号線)の交差点を中心とし、環境共生・ライフスタイル提案型の「ロードサイド型大規模ショッピングモールエリア」、光熱費ゼロ住宅を基軸とした「戸建住宅(スマートハウス)エリア」、千葉県下初の長期優良住宅認定を受け、首都圏直下型地震に対応するための防災能力を強化した「免震タワーマンションエリア」の3エリアを、2013年度までに一体整備しています。
(4)福祉の街計画
ニュータウン北側の宮ノ台エリアの総面積約15haのエリアで整備のすすめられている、福祉サービスの拠点地域。オーストラリアで開発された要介護者の自律的機能回復を促進する介護手法「ダイバージョナルセラピー」を取り入れた「ケアガーデン(約3,000坪)」を中心に、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、学童保育併設型グループホーム、貸農園などが整備されています。将来的に、佐倉市をはじめとする広域行政圏を念頭に置いた福祉サービス提供・人材育成拠点として整備を進めています。
(5)ユーカリが丘スマートシティー計画
ユーカリが丘内で新しく販売される一戸建住宅のすべてに太陽光発電設備とガス発電(もしくは夜間電力蓄電設備)を設置し、「光熱費ゼロ住宅」として供給する計画。既に、2011年から一部一戸建住宅で導入されています。将来的には、各家庭の太陽光発電等を一括管理することで、ニュータタウン全体をメガソーラー発電所とする「タウンメガソーラー構想」なども計画されています。
(6)ユーカリが丘 タウン・クラウド・システム 整備計画
ニュータウン内で営業する店舗の情報やクーポン券、チラシなどと地域の病院情報、気象情報、公共情報などを、住民と各店舗・施設・山万が双方向に送受信するとともに、大規模災害時の地域災害情報を山万が一元的に収集し、住民に配信するための地域クラウドの構築計画。2009年に山万・NTT東日本・ジョルダン株式会社の3社が共同で「ユーカリが丘未来情報都市プロジェクト 実証実験」を実施。2010年には、NTT東日本のタブレット端末「光iフレーム」を住民に配布、ジョルダンのコミュニティ・クラウド・サービス「CommuCs(コミュックス)」を基幹システムとしたユーカリが丘専用の情報配信システム「ユーカリが丘アプリ」をリリースしました。2012年3月には、アンドロイドアプリ「ユーカリが丘CommuCs(コミュックス)」をリリース、システムのユーザー範囲を拡大しました。今後、ホームページ、スマートフォン、地域データ放送への展開を予定しています。
(7)ビオトピア街区計画
宮ノ台3丁目、同6丁目の総面積約11haのエリアで整備されている自然環境共生街区の整備が、2002年から開始されています。第1期計画として、調整池を改良して整備された親水公園「宮の杜公園」を中心に、環境共生型集合住宅、クリニックモール、商業施設、ログハウスを中心とした一戸建が整備されました。第2期として、アクティブシニア向けの集合住宅整備が計画されています。
ホームパーティしましょ!